読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要領わるく生きています

中卒のへっぽこ編集アシスタントが、日々の学びを中心に記録しています。

はじめまして! このブログについて説明します。

○ごあいさつ

このブログは、中卒のへっぽこ編集アシスタントが、日々の学びを中心に記録しています。何かの専門知識だとか、成功の秘訣だとか、人生を思いどおりに生きるヒントだとか、そういったことは一切書かれていません。ただひたすらに、日々のなかで感じたことや思ったことを、素直に丁寧に記録していくことを目指しています。

 

○ブログのタイトルについて「要領わるく生きています」

そのままです。要領がわるいんです。何をするのにも時間がかかってしまいます。そんな自分がダメだなあと思いながらも、だからこそこんないい一面もあるんだよって思える部分を見つけたい。そんな願いでもあります。

 

○ブログをはじめた理由1 これまでの私について

私は中卒という学歴にコンプレックスを持っています。とは言っても、22歳まで学校に通っていました。それなのにどうして中卒なのか。文部省の認可を受けていない学校に通っていたからです。

学歴と引きかえに過ごした日々は、ふり返るととてもキラキラしています。暖かい日ざしに透きとおった海。そのすぐそばで、当時アメリカでブームの曲や、時代を経てなお愛され続ける曲たちで勉強した英語。お気に入りだったのは、ブロードウェイミュージカルをテーマに、言葉や文化、歴史や表現することを学ぶ授業でした。ビーチや芝生でスポーツをして汗をかき、友人たちと楽しく過ごし、思春期でそれなりに悩みも多かったけれど、充実した毎日でした。

低学歴の人生は自分で選んだ道なので、後悔はありません。でも、学校を離れて社会の一員として日々を過ごしていくようになったとき、突然ふっと、大きな不安がおそってくることが度々ありました。それがどんなときなのかを探ってみると、履歴書を記入するときや、はじめましての自己紹介、高学歴の人を目の前にしたときだということがわかりました。

 

○ブログをはじめた理由2 いまの私について

いま私は編集アシスタントという仕事をしていて、本づくりや展覧会づくりなどに関わっています。なりたかったからなったわけではなく、流れに身を任せていたらこうなった、というのが正直なところです。でもそのおかげで日本全国を旅したり、各地のおいしいものを食べたり、美しい風景を見たり、さまざまな人に出会えたり、とても貴重な経験をさせていただいています。

そして嬉しいことに、私のコンプレックスである中卒をおもしろがってくれる人が、意外にもたくさんいることを知りました。社交辞令で言ってくれているのかもしれないと疑いたくなるときもありますが、その度に「自信のなさから人を疑うことはよくない」と叱られたことを思い出すようにしています。

ありのままの自分を受け入れることは簡単じゃないけれど、受け入れられるようになったら、ずいぶんと楽になる。いまよりもっと、のびのびとした気持ちで日々を過ごせたらどんなにいいだろう。最近はそんな思いが少しずつ膨れ上がっています。どうしたら自分が自分らしくいられていると実感できるのか、そのひとつの試みとして、このブログをはじめました。

 

○ブログをはじめた理由3 これからの私について

知識や経験、年齢が上の人たちの前では特に、どうしても気おくれしてしまいがちです。言いたいことがうまく言えずに悔しい思いをすることもしばしば。だまってニコニコしているだけでも許される年齢が過ぎたいま、自分の言葉で表現できるようにならないといけないと強く感じています。

未来にワクワクしたい。そのためには、いま変わらないといけない。格好つけたり取りつくろったり誰かの影に隠れたりするのではなく、私が私としてちゃんといられるようになりたい。その一歩をここで踏み出します。

 

○おわりに

気楽に、まじめに、できるだけこまめに、長く続けることを目標に記録していきます。どうぞよろしくお願いいたします!